calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
09« 2009/10 »11

プロフィール

ねばねば

Author:ねばねば
良い診断士にオレはなる。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カウンター

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年2次試験振り返り 

今年の診断士2次試験を受験された方々、本当に
お疲れ様でした。

私も4度目の2次試験を無事終了しましたので、
ここで一人反省会を開きたいと思います。


まずは・・・

08年の敗因は、事例1の食品製造業の企業への
コンサルレポートで、熱い想いをぶちまけてしまった
ことでした。自身が食品製造業の製造部門責任者
であることが災いし、A社の社長に対して、好き勝手
に自論を展開してしまいました。結果はB判定で
不合格というものでした。この経験は私にとって
非常に貴重なものでした。


以上を踏まえた上で、09年の一人反省会を行います。


事例1
去年に引き続き、またもや悪夢の食品製造業w
神様は私に試練をあたえているのでしょうか。
Mっ気たっぷりの私には、事例1が食品製造業で
あった時点でオナカイッパイでした・・・。

しかし、オナカイッパイとも言ってられずw

異なる強みを持つ企業の、組織文化の融合による
シナジー発揮というシナリオで対応できたと思います。


事例2
中小企業診断協会は地域活性化を真剣に考えている
のだな~と思える事例でした。町並みや地元の強みを
解答に落とし込めなかった人は、個人的にはD判定で
良いと思います。

なぜなら、私たちは中小企業診断士受験生なのだから!

多少テクニカルな部分もありましたが、素直に与件から
導かれる解答ができたと思います。


事例3
多品種少量、見込みロット生産キター
去年の事例1に続く、ねばねば泣かせの本業事例です。
試験対策をしっかりとしてきた人達には、簡単な事例に
思えたはずです。しかし、与件文の上っ面だけを捉えた
中身のない診断や助言を行った受験生は、後で泣きを
見ることでしょう。

すなわち、評論家になった人達はここで脱落でしょう。


事例4
予想通りのファイナンス事例。去年からその傾向がみえ
ましたが、ここまで露骨にくるとは・・・。そら、受験予備校に
狙い撃ちされるわなw

えっ、私???出題傾向の斜め上をいっていましたw

足切りはないだろうけど、ここで差はつかないだろうな~
と思いながら、淡々と計算問題を処理できたと思っています。


総括
中小企業診断士受験生として、そこそこの診断・助言は
できたと思います。今年こそは・・・通るか???


否、通ってみせる!!


スポンサーサイト
| HOME |
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。